赤ニキビが出来る原因とは?

お肌の表面には皮脂があり、お肌をみずみずしく保ってくれると同時に、埃や細菌から守ってくれる働きをしています。
分泌量が少ないと、お肌が乾燥し、シミやしわの原因になります。
過剰に分泌されると、埃と一緒に毛穴に詰まってしまいます。
そこにニキビの原因であるアクネ菌が皮脂を栄養として増殖し、炎症を起こしてしまいます。
アクネ菌は、死滅も早いのですが、死骸やフンなどによって、さらに炎症を拡大します。
皮膚の表面は、汚れなどでふたが閉まった状態となっているため、毛穴の汚れを押し出そうと皮脂の分泌量は増えます。
そこでアクネ菌がさらに増殖するという悪循環が繰り返され、赤ニキビとなります。
その原因として、不規則な生活、食生活の乱れ、ストレスなどがあります。
生活の乱れが健康を阻害し、お肌の機能も低下させた結果です。
さらに悪化させるのは、過度の洗顔です。
皮脂が多くなった、あるいはニキビができ始めたから清潔にしようと過度に洗顔すると、逆にお肌の乾燥を促進してしまい、お肌の防御のための皮脂の分泌をいっそう多くしてしまいます。